辛い自分と向き合うおすすめ方法!ノートとかより音声入力が良いと思う

「自分と向き合うって」なんか漠然としてるじゃないですか。

「自分と向き合うって…もう1人自分ってなんだよ!?中二病!?」みたいな。

哲学みたいな話になり、頭が混乱しちゃって。

もうこうなっちゃったら、何も考えたくなくなっちゃうよね。

 

今回は、自分と向き合う具体的な方法について語ってみる。

 

漠然としている自分と向き合う方法

人間って、自分が理解できないことが襲ってくると、混乱しちゃうらしい。

頭がいい人の考えは、どうなのかわかんないけど。

とにかく私ごときでは、そんなに頭が回転しないワケで。

でも、自分と向き合わない限り、必ず悩みは追いかけてくるらしい…。

 

それは分かるんですよ。

でも分かるけど、自分と向き合う具体的な方法がわからないんだって!

 

中には、本とか書いてるのもあるんですけれど、本当にざっくり。

例えば嫌な事が起こって落ち込んでいるとする。

「その時に感じた感情を見つめてみる」って言うんですよ。

 

見つめるって何?

まずさ、その「見つめるという状態ができない」ことに気付いたんですよね。

だって今その時は、「落ち込んでいるということ」に集中しているんだから。

 

「凹むな!」は逆効果

「落ち込むのをやめろ!」って言っても聞くわけないよ。

だって、その感情がとても強いものなんだから。

逆に止めようものなら怒ってくるよ。

「今悲しんでるんだから邪魔するな!空気読めよ!!」ってね。

 

そこでふと気づいた。

よくあるじゃないですか?「泣いてたって何も解決しないだろ!」ってセリフ。

あれなんですよ。

自分と向き合うをしようとすると、そのうざいやつの状態になっちゃってるんですよ、私。

 

だから答えてくれないんですよ。

何も向き合うどころじゃないイライラしてる人に、

「まあ落ち着けって」と言っても、

「これが落ち着いていられるか!!」って返されるようなもんですって。

 

そんなセリフ、誰でも吐けるんだよ。

「そんな言葉が欲しいんじゃないんだよ!」ってことなんだと思う。

 

だからこの方法は正直、私にはあっていないと思う。

できる人もいるのかもしれないけど、大半の人ができないんじゃないないだろうか?

できていたら、そもそもこんなことで悩んでいないw

 

そのままの感情をとにかく吐き出せ!

だからそれよりも、

「思いっきりその怒りの部分を、吐き出してもらった方がいいんじゃないか?」と思う。

 

例えばこのブログは、最近は音声入力で書いているんだけれど…

音声で記事として残しておくのも、いいんじゃないかな?って。

 

怒りってずっと続くわけじゃない。

いや、これは曖昧な言い方だけれど…

「24時間1秒たりとも怒り状態」ってのは、あまりないんじゃないかなって。

あるかもしれないけれど、やっぱり怒り状態に別のことに意識を取られる事ってあると思う。

 

例えば、仕事に集中しなきゃいけない時とか。

その怒り状態をずっと抱えていると、仕事に集中できなくて全然前に進めないじゃないですか?

他にも、誰かと関わっているときとか、食事とか、色々あるけどさ。

 

そんな感じで、人間ってずっと怒り状態になれるってのは、あまりないんじゃないかなってことを言いたかったんです。分かるかな?

なので、とりあえず怒りが治るとまではいかなくても、今感じていることを思いっきり吐き出すの。

そうしないと、中途半端に止めに入ったら、余計に怒りが溜まると思うんだよね。

 

アドバイスなんていらない。

批判なんてもってのほか。

まずは、とりあえず胸に溜まった思いを、全部吐き出してもらうの。

うまく言えなくたって良い。自然に出てきた言葉を吐き出す。

 

そうすることで、やっと冷静さを取り戻すと思うんだよね。

 

他人は助けてくれない、助けるのは自分

あと、その怒り状態って何気に大切。

だって、その時に「どんな思いをしているのか?」ってことが分かるんだから。

これが「自分と向き合う」ってことなんじゃないかなって思うんだよね。

だから「止めに入る=向き合う気がない」ってことなんじゃないかと。

 

「落ち込んでいる場合か!」っていう他人は、自分と向き合ってくれないってことだよね。

例えば仕事中で、「今は凹む場合じゃないだろ!仕事を進めてくれよ!」とかね。

他にも「落ち込むなよ!それって今対面している人に対して失礼じゃないのか!?」みたいなね。(実際に言われたことある)

自分に被害がくる場合は、そうならないように落ち込んでいる人を説教したりするんだよ。

 

こういう人って多いんだよ。

だって人間ってそういうふうに作られているから。

その人が悪いっていうか、人間だから仕方がないってやつなんだよ。

 

人間は「自分が一番可愛い!」と思うように作られてるの。

だから、他人なんかを労ってる場合じゃないんだよ。

自分を守るために、思わず暴言を吐いたりするの。

 

まぁ、他に何か命にかかわることがあって、止めようとするなら別として…

「こいつめんどくせえなあ」みたいな感じで言う人も、結構いるんじゃないかと思う。

あとは…何て言ったらいいかわからないとかね。

 

音声入力で感情を形に残す

で、話を戻すと、

音声入力で、今の気持ちを文字として残しておくと後で見れるんだよ。

 

口で思い切りぱーっと言ったとしても、何かの形にして残らないと、その言った時で終わっちゃうんだよ。

で、「何に怒ってたんだっけ?」って思うんだよね。

怒っていたはずなんだけど、具体的に何に怒ってるのか思い出せないって言うか。

 

「それはそれで、いいことでは?」

と思うかもしれないけど、一時的な解決方法でしかないんですよ。

また同じような出来事があったら苦しいわけで。根本的な解決にはなってないんですよね。

 

その時の感情は、その時にしか吐き出せないもの。

たとえば、後で冷静になって考えてみるとしましょう。

「なぜあの時、怒ったのか?」って、思いだすってことね。

 

けど…「とにかく腹が立った」しか思いつかないんだよ。

まあ、思い出せる時もあると思うんだけれど、その瞬間的に感じた思いは、具体的に思い出すことは難しいと思う。

 

だから、音声入力で文字にしてをこすってのは、大事だと思うんだ。

後で客観視できる材料になるからね。

 

キーボード入力は怒りが倍増する?

私は最初は、ブログにキーボードで打つってことも試したんだけど…

これはダメだった。誤変換が多いんだよ。

怒りで指の速度も上がっているから、その分ご誤変換率も高くなっちゃうんだよね。

 

そうなったら余計に怒りが溜まるんだよ。

「何でちゃんと打てねえんだよ!!」と。

「いいから黙って俺の話を聞け!!」って状態だから、話を遮られたような気がするんですね。

 

だから正直、キーボードで打つストレス発散方法は、あまりおすすめできない…ような気がする。スラスラ打てる人なら良いかもだけど。

個人的には喋る方が早いので、音声入力を始めてより思う。

 

正直、音声入力での記事更新、楽しいもん。

打たなくても、寝っ転がりながらしゃべるだけで、代わりに打ってくれるんだから。

たまに変な変換されていたり、編集は面倒だけどね。

 

そんなわけで、自分と向き合うのは音声入力で。

「何かの残る形に書き起こす」ということが、客観視できていいんじゃないかと思った。

 

長くなったんで、別の記事にうつる。

 

暇つぶしに見てやんよ!な優しいあなたへ

オリキャラの世界を作りました。
(重い)愛♥がいっぱいあふれてます。

人生の暇つぶし程度に遊んでいってね!
描き手が喜びます!!

メンヘラの心
中二病デ何カ悪イ!?
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました