ネガティブとポジティブの中間でいいじゃない。間がちょうどあなたらしく生きられる

※最近背景を練習中。生温かい目で見守ってやって

 

ネガティブはいらない子なのか?

いらない子はどうやって生きていけばいいのか?

嫌われ者のネガティブちゃん。

ネガティブを避けたがる社会では、特にそういう風当たりが強い気がする。

 

ポジティブシンキングって言うか、ポジティブ至上主義って言うか…

正直、そういうのがはびこっていると、ネガティブからしたら生きづらいワケで。

じゃあネガティブな奴はこの世界に生きてちゃダメなのか?って思っちゃって。

 

ポジティブとネガティブ。

全く正反対なようで、実は紙一重の存在。

「どっちも居て良いんだよ」って話をします。

 

ポジティブがウザイ

私は昔からネガティブだったので、ポジティブ至上主義な風潮がついていけない。

そりゃ確かに、毎日ぐちぐち言うタイプが近くにいたら…嫌だろう。私も正直嫌だ。

愚痴って何になるの?みたいな。

 

愚痴を聞くのだって、時間が必要じゃないですか。

その人の時間を奪うってことになっちゃうんですよね。

そうなると、少しの時間ならいいけど…長々と何分何時かと話されると、そりゃ…相手も参るよね。

 

そんなもので、ネガティブの部分だけに目を向けると…害悪でしか見えないんだろう。

ポジティブ至上主義!な人達は、こういうネガティブな悪い面を見て「ネガティブをやめましょう!」と言うんだろう。

「ネガティブは何も生み出さない!!」ってね。

実に至極まっとうな意見だ。正論すぎて拍手を捧げたいよ!!皮肉と言う拍手をな!!

 

じゃあさ、ネガティブって何のためにあるわけ?

必要ないのにあるわけ?無駄な感情なワケ?

じゃあ、ネガティブ人間ってのはこの世に存在しちゃいけないってことなワケ?

 

世界は残酷である

弱い存在は生きてちゃいけないって言う世の中なんだろう。

野生動物たちの世界のようだ。人間も所詮動物なのだと思わざるを得ない。

 

「勝つためには強くならないといけない!」

そう思って頑張ってみるけど…やっぱりうまくいかなくて。

結局は元の鞘にズルズルと戻ってしまう…。そんな自分が、嫌で嫌で。

責めて責めて、嫌いだった自分がさらに嫌いになってしまう。

 

私はこれを、幾度となく繰り返してきた。

客観的に見てみると、負のループをぐるぐる回っているだけにも見える。

そうなってくると「なんて無駄なことをしているんだろう」ってまた責め出すんですよね。

 

私は、ここにしか目が入っていなかった。

「ダメ人間は、やっぱり何をやってもダメなんだな…」ってね。

 

考え方次第で幸せになる?

でもさ、ネガティブって本当にダメなんだろうか?

ダメだと思うから、余計にダメになっちゃうんじゃないだろうか?

「何を言ってるんだ?」って思われるかもしれないけど…

 

よく聞くじゃん?

「自分が幸せだと思えば、幸せになる」って。

たとえ自分が借金まみれの地獄にいようとも、自分が幸せだと思えば幸せだと。

 

あれを聞いた時私は「アホかw」と思った。

だって借金まみれで、明日も取り立てが来るかもしれない時に…

「幸せだ!」と思えと?不幸になりすぎて、頭狂ってるのかとw

 

でも多分、そういうことなんじゃないと思う。

幸せな気分になりたければ、自分は今幸せだと思えば思えるわけで。

今の瞬間だけでも、「幸せだ」と感じることができれば、確かにその人が幸せには違いないのだ。

 

「何のとんちだよ!」って思うかもしれないけど…。

一瞬でも「幸せ」と思えたのなら、「幸せ」に間違いないんだ。

時間とか、その後の考えとか、なしにしてね。

 

ネガティブの存在意義

私はネガティブの捉え方を間違っていたようだ。

 

ネガティブは消さなくてはいけないと思っていたから…

こうして余計に、苦しみが増すことになってしまった。

 

ネガティブなんて絶対に消えないのに。

人間である限り、ネガティブはポジティブとセット。光と影みたいなもんだったのに。

 

必要だから、ネガティブってあったわけです。

 

人間の進化に不要なものは、なるべく排除したいじゃん?

それでも消えないってことは、必要なことだったんだよ。

 

例えば物理的な意味で言うと…原始時代。

ポジティブバカだと、危険な洞窟にもひょいひょいと入っちゃう。

「大丈夫、俺なら大丈夫♪」みたいな感じで。

で、そこに住んでたサーベルタイガーにぱくりんちょみたいなね(笑)

 

逆にネガティブだったら、

「この洞窟には何か危険な動物がいそうだ、別の場所で安全な食料を調達しよう!」

とか思ったりするじゃん?

 

あとは、幸せを感じる時にも必要。

ネガティブって、ネガティブを体験するからこそポジティブって考えられるんだよ。

毎日ポジティブだったら、当たり前だから自分が幸せかどう変わらないと思う。

 

まぁどうなるかわからないけど。実際に体験したことないから。

けど、そんな日常に飽きるのが確実だと思う。人間って飽きる生き物だから。

 

ネガティブと一緒に生きる

この前のネットが使えない事件でも体験したけど…

ネットが使えない体験ができたからこそ、今、普通にネットが使えることにありがたみを感じる。

不健康になってからこそ、普段の健康で動けることに感謝できるはずだから。

初心に帰ることにも、ネガティブは必要なんだと思う。

 

だからネガティブって、悪い面ばかり見てるとネガティブな所しか見つからないんですよ。

ネガティブにも意味があるって思うと、ちょっとネガティブにも感謝できるはず。

 

と言っても、辛いもんは辛いけどね。

ネガティブな状態って、上手に折り合いをつけるしかないんだよねって事。

取扱い注意ってやつなんだよ。

 

消すってのは無理なんだからさ、

「居てもいいんだよ」って思うと…ちょっとは楽になるはず。

 

「お前なんか消えちまえ!」って思うから、辛くなるんだよ。

余計に存在アピールしてくるんだよ。

だって腹立つじゃん?「お前どっか行け!」なんて言われたら。悲しいじゃん。

 

ネガティブがかまってちゃんになるのも、わからなくない。

まぁ、だからといって「ポジティブがダメだって言うのか!?」ってわけでもないよ?

 

「どっちも居ていい」ってことだよ。

 

「ネガティブだけのけ者にするなよ!」って。

「お前たち2人がいるから、自分と言う存在がいるんだ」

ってことを認識する必要があるんだろうなって、最近すごく思う。

 

暇つぶしに見てやんよ!な優しいあなたへ

オリキャラの世界を作りました。
(重い)愛♥がいっぱいあふれてます。

人生の暇つぶし程度に遊んでいってね!
描き手が喜びます!!

メンヘラの心
中二病デ何カ悪イ!?
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました