ネガティブ思考って本当に悪いこと?自然な改善方法を探してみる

ささいな日常でも、色々な気付きがあるんだなって話をします。

 

些細なことを気にする私

今日自転車でね、坂を登ってたわけよ。

すると、前におっさんが自転車こいで坂を登ってんの。

 

この坂の道さ、すげえ狭くて。

横幅ギリギリ2人が通れるぐらいの幅でさ。

普通に歩いて横に並ぶくらいなら、まあギリギリ大丈夫なんだけど…

自転車で横に2人並ぶってのは、幅が増えて正直厳しいんだよね。

 

で、そのおっさんより、私の方が自転車が早そうな勢いなんだよ。

つまり抜かしそうな勢いなんだけど、先ほど書いたように自転車で横並びってのは厳しい。

正直嫌なんだよね。ぶつかりかけるような感じがして怖い。

 

で、抜かすってこと自体があんまり良くないんだよね。

何か悪い気がするって言うか…あんまりこういうこと好きじゃない。

変に「抜かされた!」って逆恨みされないかなって(笑)

(普通の人には意味がわからんだろうが、小心者はこういう考えもあるんだよ)

 

こうなってくると、スピードが落ちてくるんだよ。

「抜かさない理由」を作り出すの。

そう思いだすと、そういうふうに自然と体が動いちゃう。

 

でもこれって実は、自分に負担がかかっている。

坂道って最初の勢いが大事で、一気に駆け上がるないと後々しんどくなっちゃうんだよね。

だから、どっちにしても自分はしんどい思いをしてしまう。

 

そこで思った。

 

「抜かせ」

 

思い込ませパワーと違和感

全力で頭でそう思うと、不思議と全力で漕ぎ出す。

ブレーキハンドルの部分を持たず、上のハンドル部分だけをグーの手で思いっきり握り返す。

すると、ブレーキ部分のハンドルを持つ時よりも力が入る。

漕ぐ力にもスピードが出る。

 

でもね、心が葛藤してんの。

本当に抜かすの?上手抜かせるの?抜かしちゃっていいの?

うまく抜けずに車道に落ちるかもしれないよ?って。

思いっきり話しかけてくる。

 

そうなると、やっぱり葛藤し出す。

動きも鈍くなってくる。だから苦しくなってくる。

こうなると私は、いつも心の中で喧嘩をする。

 

「邪魔するなよ!」

しかし、心配する方の心は、

「嫌な思いを未然で防いであげてるのに…」みたいなね。

 

ここでピンときたのだ。

「切り替えればいいんだよ!」と。

 

ネガティブは別に居ていい

私はネガティブな感情は悪だと思っていた。

「こんな感情、消えた方がいい!」と。

 

でもそうすると、ネガティブな感情が言ってくるんですよね。

「じゃあ、私のこの思いをどうすればいいんだよ!

私の存在は邪魔なら、なぜ私は生まれてきたんだ!!」

ってね。

 

よくあるシーンですよね。

「私は何のために生まれてきたんだ」って。

 

そのシーンを見るたびに、何か胸にくるものがあるんですよね。

きっと、ネガティブが反応していたんでしょう。

だから、必死に「存在を消さないで!」と訴えてくるんですよ。

 

私は毎日、憎しみにかられているので、怒り対処法を見るんですけど…

「怒っちゃダメ!」みたいな感じのがよくあるんですよ。

けど試してみると、うまくいかないんですよ。

 

「じゃあ、私のこの怒りはどうすればいいんだよ!」

っていつも怒ってくるの。いつもこのパターン。

 

私はこの答えに答えられない。

だってわからないんだから。

ただただ、「つべこべ言わず消えればいいんだよ!」しか言えない。

 

そんな理屈あるかよ。

ネガティブが納得するはずねぇじゃん。

だからネガティブは納得できないから、訴えを続ける。

 

そりゃそうだ。

理性の方は、ただただ怒るだけ。

こんなのうまくいくはずがない。

 

私は毎度毎度、これを繰り返していた。

出口のない迷路は恐怖しかない。

 

ネガティブのあとに切り替える

もうひとつ別の話。

最近勉強した心理学系のメルマガで書かれていたこと。

「プラスの面もマイナス面も持っていていい」という話。

つまり「切り替えていい」っていうこと。

 

ネガティブを感じてもいい。

それを感じた後に、ポジティブな面に切り替えることもありだと言う。

 

これだと思ったんだよ。今回の自転車のことね。

そうだったんだよ、別にネガティブを消さなくていいんだよ。

 

私は”最初から”「ネガティブを感じてはいけない!」と思っていたようだ。

別にネガティブは感じてよかったんだ。

ネガティブを感じた後に、どんな道を行くかが大事だったんだよ。

 

ネガティブのあとの選択肢

これまた、別の心理学系の仕事をしている人のサイトに書かれていたんだけど、

ネガティブ自体は悪くない。

問題なのは、そのネガティブを感じた後に出てくる二次災害。

例えば、暴力的な発言行動をする、自分をいじめるということ。

つまりネガティブに感じるということ自体はごく自然な現象。

 

そのネガティブを感じたことによって、

自分に被害が起こるということが問題。

 

これだったんだよ。

ネガティブな感情を感じても、

適切な対処をしていれば、

自分に被害が起こる可能性がぐっと減る

っていうことだったんだ。

 

私は体感してわかった。

文章を読んでいる時でも「なるほど!」とは思うんだけども…

どうやら心の底からを理解できていなかったようだ。

自分が体験してみて、やっと気づく。

 

よく

「人に聞いた話は信じなくてもいい。自分が体験したことを信じればいい」

って聞くけど、きっとこういうことなんだろうと思う。

 

ハッとなった瞬間、すごく楽しくてさ。

「この迷路には出口がないと思っていたんだけど、実はゴールがあったのかもしれない」

って気付いたって言うか。希望の光が見えたんだよね。

点と線が繋がる感じ。

 

あと何だろう、自信っていうのかな?

自分でも気づけるんだなっていうか。

こういうのっていいよね。

 

今回のまとめ

最後にまとめると、

  • ネガティブ自体に感じることは悪くない
  • 問題なのはその後どう受け止めるか捉えるか

ってことだ。

この状態をなんとか対処すれば、私の未来は明るいのかもしれない。

 

暇つぶしに見てやんよ!な優しいあなたへ

オリキャラの世界を作りました。
(重い)愛♥がいっぱいあふれてます。

人生の暇つぶし程度に遊んでいってね!
描き手が喜びます!!

メンヘラの心
中二病デ何カ悪イ!?
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました