【4コマ漫画】イイカラダしてると思います byフライ

こんなこと言ってますが、彼の体格は細マッチョです。

 

次の4コマ

他の4コマに移動する

 

描いてみた感想

このあたりから、描くのが辛くなってきてまして。

「漫画を描くハードルが、こんなにも高いとは……」

って思い知らされてました。

 

んで、いつもの病気で「挫折」一歩手前で。

なんとか継続させようと、考えてみたところ…

 

一気になんでも

挑戦しようとしすぎた

 

って事に気づきました。

 

  • 画力(デッサン)
  • きれいな線画
  • 構図
  • 起承転結

 

この4つに同時で挑戦していたわけで。

 

確かに、一気にレベルアップは嬉しいけど…

その分リスクが高いんですよね。

 

確かに、最初は一気にうまくなった気がして嬉しかった。

けどもうね、頭がパンク状態だったわけです。

「描くのやめたい!」ってなってたわけ。

ダイエットを一気にやったけど、結局リバンドで太っちゃう…みたいなことが起きてた。

 

こうなった時って、心のSOSなんだよね。

 

「今の自分は、そんな高いハードルは無理だよ!もうちょっとレベル下げてよ!!」

っていう心の叫びなんですよ。

 

だから、線画を諦めた。

構図もちょっと諦めた。

諦めたっていうか、後回しにした。

 

その結果、鉛筆線で描くことにした。

すると、楽しかった。とにかく楽しかった。

「きれいに線を引かなくてはいけない!」というプレッシャーから開放されたから。

 

私はたくさんのプレッシャーを掛けると、逆に無能になる。

だから「挫折」という道を選んでしまう。

プレッシャーから開放されたくて

「私には無理だったんだよ…」って状態に行きたくなるのだ。

 

だから、

「ハードルを低くしてあげることは、

 自分を大事にすること」

ってことに気づけた。

これが大事なんだって気づけた。

 

まずは、描くことに慣れよう。

慣れたあとで、線画とかに挑戦すればいい話なんだよ。

 

ハードルを低くして、小さな目標を達成しまくる

これが「続く秘訣」である。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました