【質問2回目】全ての悪口は悪ではない

「どうしても心を虐待してしまう、悪口をやめられない!」

 

目的にピッタリハマるわけではない。

「悪口を言ってしまう」という結果に怒っちゃっている。

 

怒ると、心が怖がる。

愛されていない…と思っちゃう。

元気がなくなっちゃう。

 

心は賢くない。犬みたいなもの。

「心配ごと、忘れなきゃ!、トラウマ」=不安

安心すると、吠えなくなる。怯えなくなる。

 

悪口で自分を守ることもある。

「弱音を吐くと、優しくしてくれる、守ってくれる」

という目的がある。

だから「できない…」と思わず言っちゃう。

 

出来ない方が安心と思っている。

 

制約

犬が吠える

  • 吠えるな!うるさい!
  • ありがとう、吠えてくれたんだね、よしよし

 

訓練はダメ。命令しない。

「自分は迷惑じゃないんだ」と思ってもらえると、安心。

飼い主を好きになってもらえると、言うことも聞いてくれるようになる。

 

嘘をつく

散歩しようね⇒行かない

何度もしていると、嘘だと見抜く。拗ねる。

 

結果だけを見る

なぜ吠えたのか?

ちゃんと吠える理由がある。

迷惑をかけるために、ただ吠えているのではない。

 

1番にみない

30秒待つなんて無理!

1番だけが分かる。

 

我慢・おあずけ

時間よりも、順番が大事。

 

 

自分が好きなら、何が来ても大丈夫。

犬(心)に好かれないと、何をしても安心できない。

安心させてあげよう。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました