メンヘラ系のポインツ!

「うちの子で絵の練習をしていこう!」を始めようかと。

いや、模写練習もしてたんだけど…なんか…飽きてきてモチベ上がらず…

けどうちの子は大好きなので、続くかな?と思いまして。

 

ってなわけで。

無理しない程度に始めていきましょう。

(無理したら絶対に挫折するからw)

 

今回の練習ポイント

第一回目から、なんつー絵にしたんだw

ってツッコミはさておき、細かく書いていきます。

 

ポーズ

figma(フィグマ)を使いました。ボディくんです。

デッサンドールってやつです。

わかる人はわかる、ペルソナ4の足立のポーズ。

戦闘前の、歩きながら出てくるポーズをイメージ。

あのポーズ、すごく印象に残ってるんだよねぇ。いい感じに卑屈ってて。

 

あとは、「今でしょ?」のあの人にも見えるな(笑)

 

見ながら書くと、な~んかずれてくるので

(液タブ画面とフィギュアを交互に見ると、どうしてもずれる)

スマホで写真撮って、トレスしました。

 

したんだけど…

なんか手がデケェ。頭は小っせぇ。

なんだ、このアンバランス?ってことで修正しましたw

 

もうね、ポーズは、フィギュアや3Dとかでいいと思うの。

あとは自分を撮影ね。

そりゃ何も見ずに描けたら1番嬉しいけど…ハードル高いぜよ。

 

目は命!

顔のパーツでいちばん大事な部分、目。

うちの子(ゲイル)は、ツリ目のイケメンさん。

イケメンに描いてあげたいんだよ…!だから頑張って資料探した。

最近のお気に入りは、Pinterestです。マジクオリティ高い絵が多い。

 

私はわりとリアルタッチの目が好きなので、いい感じなの見つけて真似させてもらいました。

はじめはもうちょい可愛い感じだったのですが、くわっ!と見開く目になりました。

けど、ハイライト入っているからまだ怖さ半減…いや、逆に入れることで怖さが増すのか?

 

割とお気に入りの目になりました。

点数でいうと、70点ってところかな?

配置バランスがなんかうまく行かないので、何度も移動させました。

 

けど、目の位置だけじゃなくて、

鼻と、口と、輪郭と、前髪の分け目と、頭頂部部分もバランスが悪かったので…

全てが総合的におかしかったんだよ。なんてこったい\(^o^)/

 

口と鼻

さっきも書きましたが、とにかく鼻と口の位置がおかしい。

調整が大変だったっす…。

 

鼻はいつも変になるのですが(いや、全部変なのだがw)、今回はシンプルにしました。

口は、目と同じくPinterestから素敵な口を発見したので、使わせていただきました。

いままで、いかに適当に描いていたのかわかりましたw

 

髪型

いっつも大変なのよ、この子の髪型。

FF7のセフィロスみたいな髪型してるのよ、前髪が。

あの人の髪型、書いてみたらわかるけど、すげー難しいのよ。

おでこを出してる髪型って難しいんだよね。

 

なので、

レイヤーを前髪と後ろ髪で分けました。

線がかぶったところは、ベクター線で描いてあるから楽に消せるんだよね。

 

髪型も、参考になる人のを集めてきました。

色々いたけど、個人的に一番いいなと思ったのはナルトに出ているイタチ兄さん。

 

今回、ちょっと風が吹いたみたいにふわっとしているので…より難しいんだよね。

髪の長さの調節が。

わかんねんだわ、何回描いても、なれないわこれ。

 

これは、トレスしたので難しい点は無し。

あえて言うなら、手がでかすぎたので小さくしたくらいです。

手は、もう写真とかのトレスでいいんじゃないかな。

 

スーツ

今回、一番勉強になったのはこれ。

なんとなく適当に今まで描いてたんだなって改めて思いました。

今まで何度か写真を見ながら描いてたことはあるんだけど。。。

 

全然、理解できてなかったなって

 

そもそも、表面上だけではわからない情報を見つけてしまって…

すごくテンションあがったんだよね。

 

高いスーツ(オーダーメイド)は、

高いなりに色々なところで凝っているってのが分かって、すごく面白くて。

 

例えば、高いスーツってシワがほとんど入らないんだって。

体に合うようサイズがぴったり(オーダーメイド)で作られているから。

変な気崩れが起きないんだってさ。

 

だから、シワがたくさん入っているスーツは安物。

自分の体がサイズが合っていないってことなんだって。

あと、胸板あたりは体に沿って綺麗になるのでほとんどしわが入らないんだって。

 

うちのゲイルちゃんはいいスーツを着ている設定なので、シワは極力減らしました。

なんかすっきりした。

 

あとパンツ部分もチャックの部分。

このシワを結構、描くの好きなんだけど…(上手い下手は関係なしに)

これは、タイトなパンツの場合はシワが入るんだって。

ゲイルはタイトな服装を着ているので、ここは入れてもいいかなって思いましたけどね。

 

あと、このイラストでは描いていないけど…

ズボンの裾がブカブカなのも、あれもダサいんだって。

足が短く見えるんだって。

こういうのね↓

かっこいいと思ってたけど…サイズが合ってないってことなんだよ。

 

裾が長すぎて、足がそれほど短い

(足が短いので裾が余っている)

って証明でもあったんだね。

 

いろいろ面白かった。

スーツは奥が深いので、もっと勉強してみたいなって思った。

 

影入れ

今回、少ないカラーで塗っていったんですけど…

モノクロ漫画みたいに、黒のベタの部分を少し意識しました。

陰になる部分に入れたり、ちょっと袖のところ下部分に影を入れてみたり。

 

この辺難しいので、まだまだ勉強必要だなって思います。

 

線画

これは超適当に描いたので正直、見るのもつらいところだなw

けど、今回の目的は線画を綺麗にするではなく…

「最後まで完成させる」なので、これはこれで良かったんだと思う。

線画を練習する時は、またその時に分ければいいし。

 

一気にやろうとしたら、苦しく(挫折)なっちゃうからね。

 

調節

頭と体がバランスが悪いので、直しました。

 

あと首の位置もおかしかった。

首が短すぎて、亀が甲羅からにゅっと顔を少しだけだしたような感じになってたんだよ。

なので、頭の部分を少し上に移動させたらいい感じになりました。

 

フィギュアのトレスではかっこよく見えるけど、イラストにしたら変だった。

こういった調節も必要なんだなって思いました。

 

描く時間

今回、1時間以内に仕上げるがテーマでした。

結局1時間半ぐらいかかっちゃったんだけど。

 

私の場合、1時間ぐらいが1番いいかなって思ってます。

2時間とか描いて下手くそな完成だったら…ショックが大きいんだよ。

 

なので、一日一時間。

ちょっとレベルの高いことを練習するってのが、自分には合ってるかもしれない。

 

全体的に完成してみて

ひとまず、最後まで完成できたってことは評価する。

特にスーツの部分が色々勉強できたのは、良かった。

丁寧に完成させた方がやっぱりいいなって思いました。

 

じゃないと完成させても、

「なんてクズ作品を作ってしまったんだ!この時間、一体何だったんだ!」

って思っちゃうから。それが一番嫌なんだよ。

 

あまり時間をかけすぎず、かつ丁寧に仕上げるのが私の中で一番いい練習法をみたい。

それに気づけただけでも、今回は大収穫だと思う。

 

トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました