オリキャラ世界設定の用語

オリキャラの世界設定。

こういうの考えるの、楽しいよね…!

 

世界

世界全体の名前は「イリス」。

女性名のようだが「女神に愛されている世界」という意味がある。

 

全体で約5つの国に分かれている。

国によって、寿命・魔力の強さが違う。

「○○人」と分けられている。

人の他に、魔物・幻獣・妖精・精霊などが存在する。

 

美しき浮島:スカイワールド

平均寿命:千年

成人年齢・100歳

平均魔力レベル:1000

 

5カ国で1番、生活水準が高い国。

容姿端麗で魔力は高く、世界で1番尊い人種とされている。

人口は1番少ないが、長命なため子孫を残すことはあまり頓着がない。

 

成人である100歳ぐらいまで小学生程度の体を保ち、

それ以降は数十年程度で成体になり、20~25歳あたりの容姿で留まる。

なお、スカイワールド人には「老い」の概念は存在しない。

 

唯一、空に浮いている国。

結界を張っているため、門番を通さない限りめったに入れない。

数百年前に魔族襲撃を受けたため、それ以来、守りを固めた。

下の世界にはほぼ降りないので、ある意味、伝説の存在になっている。

 

国内は平和で、魔物は闇の森以外には存在しない。

比較的平和だが、魔物襲撃に対し念には念を込めて

日々、戦闘経験を積む「十祭司」と呼ばれる10人の猛者部隊がいる。

 

奴隷のような存在として、エイネフール人を使うことが多い。

定期的にエイネフール人は、スカイワールド人に労働者を提供している。

そのため、エイネフール人に恨まれていることには気づいていない。

 

極寒の城壁:エイネフール

平均寿命:200歳

成人年齢・40歳

平均魔力レベル:500

 

スカイワールドの次に、平均魔力が高い国。

土地の殆どは雪に覆われ、貴族と平民の貧富の差が激しい。

容姿は美しく、魔力も高いが、精神的に卑屈な人が多い。

動物と話せる、人形を操るなど、特殊な能力を持つ部族が少数だが存在する。

 

スカイワールド人に劣等感を持ち、嫌っている人が多い。

少数だがスカイワールドとのハーフもおり、特に忌み嫌われがち。

まさに国王がスカイワールドとエイネフールのハーフで、

この関係を改善しようと改革を起こすが、なかなかうまく行っていない。

 

平民は、寒さや食料難で飢えが多く、貴族の戯れに翻弄されがち。

貴族は、性に開放的で公衆の場であろうが、常に戯れがち。

一時、治療法が見つからない流行病が蔓延し、人口の1/4が亡くなる。

土地だけではなく、人々の心も全体的に氷のように冷たくなっている。

 

砂漠の国:サンドゥール

平均寿命:70歳

成人年齢・18歳

平均魔力レベル:100

 

砂漠に囲まれた国。

国とは言うが、小さな部族が集まってできた地域。

砂漠では、砂上魔物バス「パガラ」で移動する人が多い。

 

割と無法地帯で、魔物も暴れ放題で、あまり治安は良いとは言えない。

それ故に、奴隷制度、ハーフ刈りなど黒い事件が常に起きている。

過酷な地域、治安の悪さ、食糧難もあり、寿命を全うできない人も多い。

 

だが、人々は明るく、生命に満ち溢れている人が多い。

魔力は余り高くない人が、体術に優れた地域で男女違わず筋肉質な人が多い。

コロッセオでは毎日、歓声が飛び交っている。

また、占いも繁盛している地域で、コロッセオ・占い目当てで来る観光客も多い。

 

基本的に商売人が多く、お金の動きが最も大きな国。

国の2/3は砂漠で、資源はあまり恵まれていないので、他国との流通に力を入れている。

 

緑と魔力が豊かな大地:リアレン

平均寿命:150歳

成人年齢・20歳

平均魔力レベル:400

 

5カ国で1番、自然に囲まれた国。

自然豊かなため、妖精たちの住処もこの国に存在している。

妖精の加護もあり、全体的に魔力に秀でている人々が多い。

 

また、知的好奇心が高い人が多く

5カ国で一番立派な、大図書館がある。

常に勉学に励みをしている人々が多いのも特徴。

 

知識を話すことも、教えるのも好きな人が多い。

魔力に富んでいるので、魔力制限もお手の物。

そのため、魔力制御が苦手な人が、よく修行しにリアレンに訪れる人も多い。

 

豊かな自然、魔力・知識に恵まれているので、観光に訪れる人も多い。

が、基本的に物静かな人々が多いので、

必要最低限の収益以外は、あまり興行などには力を入れていない。

 

最も普通な国:レーリスト

平均寿命:85歳

成人年齢・20歳

平均魔力レベル:100

 

世界で1番魔力が低く、寿命が短い人種の国。

何かと他国(特にエイネフール)にバカにされがちだが

海など土地や資源に恵まれ、魔物の発生も多いが、逞しく生活している人が多い。

5カ国で1番、開放的な国。

 

魔力には恵まれていないが、身体的には普通なので

国を挙げて教育でも、剣術など武術に力を入れている人々が多い。

 

服装が他国とは少し違い、

着物・洋服などジャンルは様々で現代寄りな服装がある。

 

漫画文化が強く、つまり日本みたいなとこ。

このオリキャラたちの、メイン舞台。

 

魔物の森

魔物たちが暮らす地域。

浮遊大陸スカイワールドの下に存在する。

 

人間を捕食したりしてくるので、基本的に人間にとっての害悪。

下級魔物は言葉を話さず獣じみているが、力の強い魔族は人の姿に変えて話すこともできる。

 

基本的には無法地帯な世界だが、一応は統率という概念は存在している。

魔族王を筆頭に、その子供らが上級魔族として君臨し、魔物たちを管理している。

全魔物に「強大な力を持つ者こそが絶対的支配者」の考えがあり、基本的に自分より強い強者には歯向かわない魔物が多い。

 

幻獣界

人間とチカラの強い魔族との間に出来たハーフである「幻獣」たちが暮らす地域。

人間が入るこむことは出来ず、常に幻影で入り口を隠しているので幻獣にしか入ることができない。

 

幻獣は、人型になることもできるし、魔物のような姿になることもできる。また、例えばドラゴンの子供だからといって、子供がドラゴンになるというわけではない。近い種族の魔物になることは多々ある。(例えば、タークスは鳥型だけど、父親のフェイはドラゴン=飛行系)

寿命は実はハッキリしていない。最年長の幻獣王ウォンが2000歳を超えているので、約2000年は生きると言われている。

 

基本的に幻獣界は、幻獣たちを統率する幻獣王であるウォンが政治に無関心で自由主義。地域全体は、幻獣自身に魔物の血が流れているからか気性が荒く、あまり治安がいい方ではない。魔力が高い幻獣は比較的に先進的・治安の良い地域に住んでいるが、それ以外は割と無法地帯で生活水準は低い。そのため、治安の良い場所以外の幻獣は、豊かさを求めて人間界に行く者がほとんど。

 

幻獣は魔力の消耗エネルギー量が激しく、人間界では人間から魔力をもらわないと元の姿を維持することが困難。人間と契約を結び、永続的に魔力を貰う代わりにボディーガード的役割を果たす。

イリスでは女性の方が魔力が高いので、主の性別は「男性主:1/女性主:9」の割合。男性主を選ぶ幻獣は、ほとんどが潜在魔力の高い女性幻獣である。男性幻獣は選ぶ余地なく女性主がほとんど。

また、主を迎えたとしても、基本はぬいぐるみのような小さな獣(省エネ)姿でいる者が多い。魔力の高い主の幻獣は人型でいられることもできるが、その分消耗魔力もすさまじく、コスパが悪いのであまり実行するものは居ない。

省エネ姿の場合、言葉をしゃべることは出来ないが、幻獣同士ではテレパシー的に言葉を通じ合うことができる。人間の場合は主限定だが、同じくテレパシー的に意思疎通ができる。

一度契約した主は、両方どちらかが命を失わない限りはずっと同じ主と居続けることが多い。主が変わるということは、幻獣達の中では「主を守る力も度胸がない」とレッテルを貼られ、侮辱されることが多いので、基本的には主を変えることは少ない。

 

妖精世界

自然界のどこにでも存在している。特に緑豊かな国リアレンに多数存在する。

あらゆる精霊界は、すべて一瞬で移動できる道がつながっている。

 

妖精たちは、イリスの自然界バランスを司る魔力の源。

基本的に魔法は目には見えないが、「自然エネルギー(妖精たち)⇒人間が実行」の妖精を中継して力を借りる形で実行ができる。

 

妖精界は、妖精王・妖精皇女たちが妖精たちのリーダーとして成り立っている。

その下に各属性の妖精王たちが存在し、妖精界を束ねている。

 

上級の妖精は人型サイズが多いが、下級の妖精は姿が小さくて背中に羽が生えた妖精で人間の手のひらサイズぐらいの大きさが多い。(または人型ではなく動植物などで大きさはまちまち)

小さくて可愛い為、なかには愛玩として精霊を狩るなどが現れたりするが、基本的には妖精は神聖な存在とされているので、どの国も刈り取った場合は厳重な刑に処される。

 

基本的に妖精は自由な存在だが、特殊な例で人間の「召喚士」に妖精達が付き従うものが居る。付き従う条件は「妖精にとってその人間が好きかどうか?」の気まぐれ判定。

 

精霊界

イリスとは別空間に存在している。

 

 

徐々に追加していきます。

 

暇つぶしに見てやんよ!な優しいあなたへ

オリキャラの世界を作りました。
(重い)愛♥がいっぱいあふれてます。

人生の暇つぶし程度に遊んでいってね!
描き手が喜びます!!

オリキャラの世界
中二病デ何カ悪イ!?
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました