16:やさしさ

「わー、ルイちゃんって本当に軽いねぇ」

 

激しく雨に打たれながら、ルイを抱っこしてヘンドリックが走っている。

最初に出会った姿と同じ光景だった。

 

「・・・・・・」

「う~ん、おしゃべり花がないから、喋ってくれないとルイちゃんの心はわからないなぁ」

 

現在執筆中。

 

<<前・続き>>

 

黒歴史小説一覧へ移動する

 

暇つぶしに見てやんよ!な優しいあなたへ

オリキャラの世界を作りました。
(重い)愛♥がいっぱいあふれてます。

人生の暇つぶし程度に遊んでいってね!
描き手が喜びます!!

小説
中二病デ何カ悪イ!?
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました