感想が怖くて書けない!もしかしたら白黒思考になっているかも?ハードルを下げて人を応援してみよう!

ブログ・動画・SNSなどを見ていて、色々感じるところが出てきて…

 

「この人の作品、面白かったなぁ~」

 

と思うけど、実際には何もしない。

感想を言ってみたいけど、しない。

こういった事、アナタにはありますか?

 

いろんな心のブロックが出てきて、書けないのではないでしょうか?

実は私もそうで、なかなか感想などを書けないタイプでした。

 

けど、視点をちょっとだけ変えてみると…

感想を書くハードルは下がります。

 

そして、感想を書くことで、あなたは相手に感謝される存在になります。

感謝されるとなんだか嬉しくなって、自分に自信がわいたいします。

 

感想を書くハードルを下げる方法を知って

感想をどんどん書いていただけるための方法を、ご紹介しますね!

 

【原因】なぜ、感想を書けない?

そもそも、なぜ感想が書けないのか?から見てみましょう。

 

  • 感想を書こうと思っても、うまく話をまとめられない…
  • 何か失礼なことを書いてしまって、相手に申し訳ないことをするかも…
  • 語彙力がないから、小学生みたいな感想を書いてバカだと思われたくない
  • 単純に、文章を考えて書くのがめんどくさい

こういったことが、ブロックになっている人が多いです。

実際に「感想を書こう!」と思っても、こういった思考が出てくると書く気がなくなります。

 

なぜなら

嫌な思いをするかもしれないから

 

悪い結果に目が行っている!?

心のブロックの数々を、よく見てください。

全部、ネガティブな出来事につながっています。

 

  • うまく書けない ⇒ 書けない自分が見るのが辛い
  • 語彙力がない ⇒ バカだと思われる
  • 失礼な事を書いてしまう ⇒ 相手を傷つけて悪者になる、怒られる
  • めんどくさい ⇒ 自分の時間を奪われる

 

こんな感じで、感想に対するブロックは全部…嫌なことにつながっている。

 

つまり、

感想を書く ⇒ 損する、嫌な目に合う

と思ってしまっているのです。

 

だから、

「嫌な思いをして傷つきたくない!苦しい思いをする可能性があるのなら何もしない…」

を、ついつい選んでしまうのではないでしょうか?

ルイ
ルイ

私もそんな嫌な目に合うと感じたら…

高確率で「何もしない(動かない)」を選びます

 

自分の「考え方のクセ」に気づいてあげよう!

こうやって文章にしてみると、自分の思考がわかりやすいと思うのですが…

 

「よくわからないけど、なんとなく嫌だから感想を書けない」

 

と今までは思っていた方も、多かったのではないでしょうか?

実は、自分の頭や心の中では、こんな事が起きているんですね。

 

この話は、「そんなの当たり前じゃない?」と思うかもしれません。

そうですね、当たり前のことですね。

けど、私の場合ですけど、その当たり前にすら気づけていませんでした。

 

そして、私が伝えたい大事なことは、

「悪い方向に、極端に思考が行き過ぎているかも?」

気づいてもらうことなんです。

 

感想を書くことで「悪いことが起こる」部分だけではなく…

「良いことがある」部分にも、目を向けてあげてほしいのです。

 

【対処法】

原因がわかったところで、次は対処法を見ていきましょう。

 

(1)感想を書くことの良いところにも目を向けてあげる

原因部分では「悪いところに目が行き過ぎているかも?」と書いていましたね。

じゃあ今度は、感想を書いた時の良い部分に目を向けてあげてみてください。

 

悪い部分はもう十分できています。無意識でも出来るでしょう。

けど、良い部分を見ることには、おそらく慣れていないはずです。だからなかなか難しいかと思われます。意識的にいい部分を見てあげる必要が出てくると思います。

 

例えば…

  • (相手が)喜んでくれる
  • (相手が)励まされる
  • (相手が)やる気に繋がる
  • (相手が)嬉しい
  • 素直に人を褒められる自分が少し誇らしい

 

つまり、「褒められた人が心地よくなる」ってことですね。

誰でも褒められたら嬉しいものです!それはたとえお世辞であっても、です。

あからさまな皮肉でない限り、ちょっと恥ずかしそうにしていても、人は褒められたら嬉しいものです。

 

「けど褒めたら『そんなことないです!』と思われるかも…」

私も褒められることが苦手です。「私にそんな価値はない」と素直に受け止められません。

もしかしたら私みたいに、素直に褒め言葉を受け取れない人もいるかもしれません。日本人は謙遜する人が多いですよね。

 

だけど、ブログ・動画・SNSなど、ネット上に露出する人たちの目的ってなんでしょう?

何のために、人目にさらしているのでしょうか?

 

人に褒められたり、認められたいからです

 

だから、遠慮なく褒めてあげましょう、喜ばれます(笑)

私も褒められるのが苦手だけど、やっぱりイラストなどを褒められたりすると嬉しいのです。

活動の励みになりますので、ぜひ積極的に言葉に出して褒めてあげてください。

 

褒められることはすごいこと

あと、純粋に人を褒められることってすごいです。

人の悪口を言う人はよく聞きますが(苦笑)、人を素直に褒める人って意外と少ない。

 

たった一言褒められるだけで、救われる人も居ます。

たった一言励まされるだけで気持ちが楽になる人も居ます。

 

自分が応援したことで相手が元気になってくれると、言った方も嬉しいものです。

(けど、「応援したのに、喜んでくれなかった!」という見返りを求めることは、ちょっとややこしいことになるので、控えてくださいね。)

 

(2)上手な文章を書かなくても良い

感想を書けない理由に

  • うまく書けない
  • 語彙力がない
  • 失礼な事を書いてしまう

という悩みがある場合。

 

コレはハッキリ言います。

上手な文章を書かなくていいです。

もう、小学生みたいな感想で良いのです。

 

「すごいですね!」

「うまいですね!」

 

と言った「ひとこと」だけでも、言われた本人は嬉しいものなのです!

文章の良し悪しじゃなくて、「褒めてくれている」って部分に意識が行くのです。

なので、素直に感じた「すごい!」ってことを伝えてあげてください。

それだけでもう、100点なのです!

 

(3)めんどうなら無理に書かなくていい!

単純に書くのが面倒なら、書かなくてもいいと思います。

見る専門で居てくれればいいと思います。陰ながら応援です。

ツイッターとかだったら、ハートマークをポチッと押すだけでも十分です。

 

けど、一言でも「よかったです!」「おもしろかったです!」「上手ですね!」という言葉があると喜びますので、余裕があったらしてあげたらどうかな?と思います。

 

まとめ

  • なかなか感想をかけない原因は「感想を書くと悪いことが起きる」と思っているから
  • 「感想を書いた時の良い部分」も平等に見てあげて!
  • 人は基本的に褒められたら嬉しい!
  • 上手な文章を書かなくても「いいですね!」と一言だけでも言われた方は嬉しい

 

繊細な人のための取扱説明書 -安心できる場所を作る-

 

暇つぶしに見てやんよ!な優しいあなたへ

オリキャラの世界を作りました。
(重い)愛♥がいっぱいあふれてます。

人生の暇つぶし程度に遊んでいってね!
描き手が喜びます!!

辛くなったら
中二病デ何カ悪イ!?
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました