ウケると思って描いた絵がウケなかったのでショックだったりイライラしていると…?自分の世界が少しだけ広くなった話

「コレは行ける!」と思って描いた絵がドすべりして、ブーイングが来てしまった。

否定されたプライドの高い私は、それはもうショックで、「理解のない奴め!」と怒り狂ったわけで。

けど、その気持ちを鎮めるべく取った行動で、予想外の答えにたどり着いた。

 

自分が、少しだけ大人になったお話。

 

ユーモが通じずにイラッとしたら予想外なことに!?

私はYouTubeで、イラストメイキングを載せているんです。

サムネ用に描いた絵を、ついでにメイキング動画として上げているんですね。

しかし、そこで悲劇が起きます。

 

アップしてからまもなく、1つめの評価がついたんです。

BADマークの方に。

正直、豆腐メンタルな私は、ショックを受けました。

 

そのイラストは、ちょっとした笑いを取ろうとした絵だったのです。

けど、どうもその人にとっては、笑いではなく、不快に取ってしまったのでしょう。

(何をもってBADなのかわかりませんが、あくまで↑の推測で進めていきます)

 

ちょっとした笑い話なのに…

ユーモアも通じないのかよ!

 

って、怒りを感じたのです。

そしてなんだか、「自分の思考を否定された…」と感じてしまい、表現するのが怖くなってしまいました。

 

俺は悪くねぇ!

そこで、私のメンタル防衛機能が働きます。

「ユーモアが通じない人 うざい」と検索しているのです。

 

私は何も悪くない!

ユーモアが通じない、器の狭い相手が悪いんだ!

 

という証拠探しが始まるのです。

(情けなく思われるかもしれませんが、当時の私は自分を守るために必死です)

 

そして、「ユーモアが通じない人の特徴」があったのですが…

  • クソ真面目
  • 自信がない
  • 完璧主義
  • 劣等感が強い
  • かまってちゃん

とまぁ、一般的には「うぜぇ~!」と思われる部類だとわかりました。

 

わかるwww

なんだ、私だけがうざいと思ってたんじゃなかったんだな!

こういったユーモアが通じないやつは、嫌われるんだな!

 

と、少し心が楽になったのですが…

同時に、複雑な気持ちになりました。

だってこれらの特徴、全部私に当てはまっていたから。

 

自分の間違いに気づけない人

そして今度は、ある掲示板。

「ユーモアが通じない人って、頭悪いですよね。」

みたいな書き込みがありました。私は激しく同意します(笑)

 

しかし、中身をよく読んでみると…

どうやらその人は、笑えない下ネタを言って相手にドン引かれたようなのです。

…いや、それは

引かれても仕方がないでしょう

ってか、それはユーモアになるのか?

 

と思っていると、他の人も同じような意見でした。

シモネタが大好きな人からしたら受けるのでしょうが、大衆の場でド下ネタを言えば、そりゃ気まずい空気が流れるでしょう。

 

そこで私は、ふと思ったのです。

 

ユーモアって、そもそもなんだ?

 

「ユーモア」と「ジョーク」は別物

私は、ユーモアを勘違いしていました。

私にとってのユーモアは、「ちょっとピリッとしていても、笑えること」って思ってたんです。

ブラックジョークとまでも行かないけど、お笑い芸人みたいにおバカな相手を下げたり、いじったりして笑わせると言うか。

 

けど、こういったことって…ユーモアじゃないんですって。

下品なこととか、人を馬鹿にしたりとかする笑いは、ジョークの部類らしいのです。

 

誰かを不快にさせるものは、ユーモアとは呼べないのだと。

ユーモアとは、品があり、心が和むものだと書かれていたのです。

 

私は…少し衝撃を受けました。

 

ああ…

私がユーモアと思って描いたあの絵は…

不快にさせた時点で、ユーモアではなかったのだ…

 

批判の多い自称ユーモアは消される

昔、あるバラエティ番組で、ゲームに負けたらちょっとした罰ゲームをするっていうのがあったんです。

TVは見てもらってなんぼなので…、視聴者を増やすために、その罰ゲームも日が経つごとにどんどん過激なパフォーマンスになっていくんですよね。

ぶっちゃけ、暴力と言えるレベルまで行っていました。

 

過激すぎたからでしょうか…

そのコーナーは、ひっそりと消えてしまいました。

 

その後も、形を変えて「ゲーム⇒失敗者には罰ゲーム」をしていましたが…

やっぱりどんどん、過激になっていくんですよね(汗)

そのたびに、消えていくんです。

(もしかしたら、視聴者に飽きられて消えていったパターンかもだけど)

 

私は、こういったことが、おもしろいユーモアだと思っていた。

けど不快だと感じる人が多いと、存在そのものを消されてしまうのです。

 

きれいな思い出に泥を塗る

思い返してみれば、私が描いたあの絵は、感動シーンをちょっと笑いに変えて描いたものだったのです。

BADマークは、「感動シーンをおもしろく描くな!」という警告だったのかもしれません。

私は相手の感動の瞬間を、笑いに汚してしまったのかもしれません。

 

もちろん、「面白おかしく絵を描いたり、文章を書いてはダメだ!」とは言いません。

そのやり方が、その方のスタイルということもあるでしょう。

 

けど私は、それを行うことで誰かを意図的に、たとえ知らなかった、無意識だったとしても…

「誰かを深く傷つける言動はちょっとな…」って思ったのです。

もちろん、気をつけていたとしても、絶対に相手を傷つけ無いことは難しいでしょう。

けど、「なるべく減らしたいなぁ…」とは思ったのです。

 

ユーモアとは気遣い

ジョークのように「わははははは!」という笑いは、ユーモアとは違う。

ユーモアの笑いって、「心がほぐれるような、自然に笑える笑い」らしいのです。

 

例えば、

  • 緊張している相手にリラックスしてもらうため、ちょっとくすっとした笑える事を言う
  • ちょっときついことを言っているつもりでも、最後はフォロー or とても納得できる内容で笑いを取る

こういったことが、ユーモアなんだとか。

 

そして、ユーモアって技術なんですって。

つまり「後から鍛えることが出来る」ものらしいのです。

「誰からも好かれる、お互いが楽しめるためのコミュニケーション」らしいのです。

 

ユーモアが通じない人の特徴を見ると…

まさに、コミュニケーションが苦手なタイプの人たちですよね(汗)

私もそうなので、コレは鍛えないといけない。

 

 

人を純粋に笑わせることって…

高いコニュニケーション能力が必要なことなんだなって思えたのでした。

 

 

【おまけ】

なぜか、ブーイングマークは消えていました。

原因不明だけど、動画を見もせずにボタンを押したら無効になるので、これかもしれん。

もしくは、ちょっとTwitterでもやっとしたことがあったので、その人かもしれん。

 

なんにしても、世の中自分の思いとは予想外のことにつながっていくってことだ。

 

暇つぶしに見てやんよ!な優しいあなたへ

オリキャラの世界を作りました。
(重い)愛♥がいっぱいあふれてます。

人生の暇つぶし程度に遊んでいってね!
描き手が喜びます!!

気づいたこと
中二病デ何カ悪イ!?
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました