ネガティブは無理やり消さなくて良い!居て良い存在と安心させることで苦しみから開放される

あなたは、「ネガティブを悪いもの」と思っていないでしょうか?

だから、「ネガティブを消したい!」と思っていませんか?

 

「ネガティブじゃなくなったら、自信がついたら始めます…」

って、何かを挑戦しようとする時、思っていませんか?

「ネガティブで自分に自信がない自分だったら、何もできない」と思って、「いつか自信がついたら…」とそれまで挑戦を避けちゃうかもしれません。

 

けど…ネガティブって、居てもいいのです。

と言うか、人間からネガティブは消せないのです。

そして、成長には欠かせないものなのです。

 

ネガティブってなんであるの?

やたらめったら「ネガティブは悪」と見られがちですが…

そもそも、なぜそんなネガティブなものが我々人間にあるのか?

 

ネガティブって、実は人間の本能の1つなんですよ。

原始人のウホウホしていた時からの本能。絶対に消すことができないもの。

 

本能に組み込まれているほど、生きるためには必要なものだったんですよ。

 

原始人時代の「命の危機から救う」ネガティブ

例えば、ある洞窟があります。

洞窟に住めば雨風が防げ、家になります。

 

 

だから、洞窟を住処にしたいのですが…。

洞窟はすでに、サーベルタイガーの住処かもしれません。

 

ポジティブすぎる原始人は…

「よっしゃー!住処だー!洞窟だー!」

と、なんの考えなしに、洞窟に入ります。

結果、サーベルタイガーが居たらパクリ、です(汗)

 

けど、ネガティブ気味な原始人は…

「この洞窟、何か危険なものが居るかもしれない、怖い…」

恐怖を感じて慎重になり、たいまつや、槍を用意します。

ゆっくり、慎重に洞窟を進みます。

 

するとなんと、サーベルタイガーが寝ているではないですか!

「ここは危ない!」とすぐに気付け、ネガティブ気味な原始人の命は助かりました。

 

こんなふうに、ネガティブな思考って生き延びるために必要な本能だったのです。

ポジティブすぎる?原始人は、バタバタ食べられたりして消えていきました(汗)

 

ネガティブ思考ができる原始人が、生き残れたのです。我々はその遺伝子を持ってるんですね。

 

現代の「命の危機から救う」ネガティブ

現代でもそうですよね?

 

津波が来たら、高い場所に避難が必要です。

 

「流されて、死ぬかもしれない!」

という、ネガティブな思いがなかったら…

 

「大丈夫、大丈夫、なんとかなるって~!」

と、どこか他人事で逃げずに流される…ってことに、なりかねないのです。

 

包丁とか刃物を使うとき、「下手したら指を切るかもしれない!」っていうネガティブな感情があるから、注意して慎重になります。注意できることでケガから守られますよね。

 

だから、ネガティブな思考って、生き延びるためにも大事な機能の1つなのです。

「いらない子」ではないのです。

 

成長にも欠かせないネガティブ

「ああ、私ってなんてダメなんだろう…」

って、ネガティブさんは自分を責めがちです。

 

でもこの考え方、成長には必要なのです。

今の自分はダメだって思うから、「がんばって何とかしよう」って考えに出来るから。

 

たとえば、映画や漫画などで、

「最初はダメダメだった主人公が、最後には立派に成長する!」

って作品はよくありますよね?

 

あれって、「私はダメだ」って自覚しているから成長できるんです。

「ダメだから頑張ろう」ってコツコツ頑張った結果、成長します。

 

人ってまず、自覚していないと、どうにかしようとしないのです。

 

「自分はできる」と思っている人は成長が止まる

 

例えば、ドラえもんのジャイアンは、音痴です(笑)

けど、音痴だろうが、大勢の人前で強制リサイタルを行います。

なぜこんな事ができるのか?

 

自分が「歌がうまい」と思っているからです。

 

「上手いんだから、俺の歌を聞けー!」

「上手いんだから、これ以上の歌の練習なんて必要ない!」

と堂々としちゃっているわけです(汗)

 

でも、現実は下手です。

だからみんな、強制リサイタルに行きたくないのです。

もしジャイアンの歌がうまかったら、誘わなくても来る人は居るでしょう。

下手だと自覚して練習すれば、その現実は叶うんです。

 

でも気づかない(気づこうとしない)から、みんなから嫌がられる現実が、続いちゃうんですね(汗)

(もしかしたらジャイアンは、「自分が下手だと知っている」から、「強制」で連れ込んでいるのかもですけどね)

 

お金持ちはみんなネガティブ

実は、お金持ちにネガティブは多いです。

不安だから、色々動こうとするんです。

 

「不安な気持ちを、なんとかしよう!」と動く結果…

お金持ちになっているんですね。

 

実は、成功者にネガティブな人って多いんですよ。

強いコンプレックス持ち、貧乏、ダメ人間…

こういった人は、「この不幸をなんとかしたい!」という気持ちが強いので、行動して成功者になる資質を持っています。

 

【まとめ】つまりネガティブは必要!

ネガティブちゃんは、絶対悪じゃないんです。

良い部分もあるのです。

 

「ネガティブよ、お前なんて消えてしまえ!」といっても、本能なので消えません。

極端に言うと、自分に死ねと言っているようなものです。

人は、何の危機感(ネガティブブレーキ)がないと簡単に死んでしまいますからね。

 

成長にも、かかせない子なんです。

「自分は何一つ欠点はない完璧な存在だ!」

と思っていると、ジャイアンみたいに周りにも迷惑をかけることも多いです。

「完璧」と思っている人には、何を言っても聞く耳を持たれませんしね(汗)

 

 

こうやって見てみると、

「ポジティブは正義」と見られがちですが、ポジティブにも悪になる場合が多いのです。

お互いに良い部分・悪い部分はあるのです。

 

2つが上手にバランスが取れているんです。

 

そんなネガティブちゃん一方的に悪にして「消えろ!」といじめないであげてくださいね。

毛嫌いして拒絶することで、よりネガティブちゃんは存在を大きく見せようとしてきますので。

 

ネガティブちゃんを「見て見ぬ振り」や「消そう」とするのではなく、「いかに上手に付き合うか?」を考えることが大事。

 

ネガティブと一緒に生きていこう

今まで「消えろ!お前が居なければ!」と言い続けていた方は…

まずは、ネガティブちゃんと仲良くなってあげてください。

 

「今まで邪魔扱いしてごめんね。居てもいいよ」と。

だって、ネガティブになるときって…

成長のチャンスなんですから。居てもいいのです。

 

今まで、「お前なんて消えてしまえ!」といい続けてきたから、ネガティブちゃんは自分の存在を否定されて怖くなり、息苦しくなって暴走していました。

 

でも、居場所を作ってあげると…ネガティブちゃんも安心できて、だんだん暴れなくなります。

そうすることで、少しずつ心も楽になりますよ。

 

暇つぶしに見てやんよ!な優しいあなたへ

オリキャラの世界を作りました。
(重い)愛♥がいっぱいあふれてます。

人生の暇つぶし程度に遊んでいってね!
描き手が喜びます!!

辛くなったら
中二病デ何カ悪イ!?
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました