コミュ障で何を話せば良いのかわからない?相手の話を聞いとけばそれだけで十分

コミュ障、コミュニケーションが苦手…

私はこれがコンプレックスになっている。

喋れないってだけで、いろいろな弊害が出てしまうからだ。

 

例えば、普通の会話ですら

「何を話せばいいんだろう?」で頭が真っ白になる。

買い物する時ですら、レジの人と接する。

必ずしゃべるわけでもないのに、何か緊張する。

 

仕事なんて、質問しに行く時とか、報告しに行く時とか、

「何て言えばいいんだろう?」って立ち止まってしまう。

 

そうなってしまうと…

人に接触するといったことに対して、極度に臆病になってしまう。

とにかく、恥かいたり、怖い思いをしたくないのだ。

 

とにかく、今の社会ではコミュニケーションが大事。

…とわかっているけど、うまく喋れない自分が嫌になって。

けど、そうじゃなくて。

 

実は、コミュニケーションって受け取り方が大事。

しゃべることよりも、

「あなたの話を聞いていますよ」

と言った態度の方が、はるかに大事なのだと。

 

今回、それを学んできた話をする。

 

コミュ障で苦しむパターン

私はとにかく、コミュ障だ。

とにかく会話で失敗する。同じ事を何度も繰り返している。

その繰り返しパターンを、詳しく書いて行く。

 

うまく返事を返せない

「何か面白いこと話さなきゃ、つまんない奴に思われる!」

「上手に受け答えできないと、変な奴って思われる!」

私が人と接する時、毎回こんなことが色々頭の中でグルグル発生している。

 

結局は「何を喋ればいいんだろう?」ってなってしまって…頭が真っ白になる。

そうなってしまうと、何も喋れなくなる。

相手は返事を待っているのに、私は沈黙。困惑するでしょう。

私が1番恐れてることなのに…私は何度もこれを繰りかえしてしまっている。

 

相手も沈黙されたら、どうすればいいかわからないとわかってるけど…

それでも、うまく喋れない。

「早く喋らなきゃ!」って思えば思うほど、時間が経つほど…

気まずさが増えてくる。あの瞬間の辛さときたら。

 

そうなってしまうと、もう「喋らない」を選択してしまう。

相手は「何か言ってくるんだろう」と思って待っているのに…

当の本人の私が、何も言ってこない。

「何したいんだこいつ?」って思ってることだろう。

 

こうしてまた、私の評価が下がってしまう。

「嫌われたくない、評価を下げたくない!」って思っているのに…

自分で自分でその結果を招いてしまっている。

 

頭では分かってる、こんなこと繰りかえしちゃ駄目だって。

でも…どうすればいいかわからないのだ。

 

こんな思いがあり、コミュニケーションが苦手になっている。

苦手なことには、人間は避けがちである。

だから、改善しよう!と動かない。

もう、「コミュニケーション」という言葉を聞くだけで耳をふさぎたくなる。

 

なんな辛いキーワードを思いをして、努力することが嫌なのだ。

何もしなかった結果…今のコミュ障な自分が完成する。

 

最初にも言ったが、

「コミュ障でダメなやつだ…」と思ったら思い出してほしい。

 

コミュニケーションは、

自分が喋ることより相手の話を聞く方が重要

 

だということに。

多分、これはどっかで聞いたことあると思う。

 

つい私たちは「上手にしゃべれない、何を言えばいいのか分からない!」と

「自分はコミュニケーションが下手くそorz」と思いがちだが…

そうではなくて。

 

会話っていうのは、言葉のキャッチボール。

一方通行の演説じゃないんですよ。

2人以上の人ができることが、会話なんです。

 

一方通行な「会話もどき」とは?

「昨日パフェ食べに行ったんだ~」
「そうなんだ、美味しかった?」
「うん、いちごが好きだからとっても美味しくってさ♪」

といったやり取りが、コミュニケーション。

相手の質問に答えたり、あいづちもあり、会話ができていますね。

人は、質問に答えてくれたり、相づちをうってくれたりすると嬉しいものです。

 

けど、一歩通行の会話だと…

「昨日パフェ食べに行ったんだ~」
「そーなん」
「そこの店員の態度がさぁ、何かすげー腹たってさ」
「ふーん」

と、こんな感じ。

なんか、相手はちゃんと話を聞いているのか?とか思っちゃいません?

話す側は「私の話聞いてるのかな?」と不安や不快になったりします。

これは字だけですが、実際には相手の声のトーンや表情も入ってきます。

 

「いいから黙って私の話を聞けよ!」みたいな

反応を求めず、ある意味、脅迫めいた喋り方もありますね。

「昨日パフェ食べに行ったんだ~」
「そうなんだ、美味しかった?」
「そこの店員の態度がさぁ、何かすげー腹たってさ」
「そっ、そうなんだ…(私の質問、無視されたなぁ…)」

こうなってしまっては、会話は面白くないんです。

「なんだよ自分の話ばっかりして!」ってなったりするんですね。

「私はお前の話聞き役の専門ではないぞ!」と。

 

人って、自分の話を聞いてもらいたい生き物。

お互いがお互いぶつかり合ってしまうと、会話にならないんですよ。

傍から見たら、お互いにたくさん喋るやってるように見えるけど…

実はそれって、コミュニケーションとは言えない。

 

「いいから私の話を聞けよ!」を

お互い2人でやりやってる、ということになるんですね。

つまり、聞いてる人がいないんです。

 

お互いボールをとにかく投げやりまくり。

周りに、受け止められなかったボールが転がり、落ちまくってるんです。

散らかり放題なんです。

 

どちらも自分の話しかしていないので

相手が話していたことなんて、ほとんど覚えていません。

ぶっちゃけこれは、コミュニケーションとは言えません。

言葉のキャッチボールになっていないから。

 

相手がどんなに素晴らしい話し方で

どんなに素晴らしい話をしたとしても…

自分の話を、全く聞いてくれなかったら…

「いいから私の話を聞けよ!」みたいな態度だったら…

 

聞く側となっては、面白くないですよね?

 

「なんだよこいつ、自分の話ばっかりじゃないか!」

って思ってしまうでしょう。

もう、その人の話なんて、聞きたくなくなるかもしれません。

 

だから、聞く力は大事なんです。

上手にしゃべれるよりも、大事なこと。

「あなたの話をちゃんと聞いていますよ」と言った

相手を敬う心が必要なんです。

 

相手は、上手な話を期待しているわけじゃないんです。

もちろん、必要な時もあるのですが…

それ以上に大切なのは「あなたの話を聞いています」といった態度なんです。

 

人は自分の話を聞いてくれていないと思うと…不安になるもの。

話している方は、話をちゃんと聞いてもらえると

「私の話をちゃんと聞いてくれているんだな」

と感じ取れるだけで安心します。

 

相手は、話しているときに、

あなたの上手な返事や話を、期待しているわけじゃないんです。

「ちゃんと聞いてくれている」という反応が欲しいのです。

 

会話はお芝居ではない

「うまく喋らなきゃ!」と思うと…

変に「台本のある会話」になってしまうことがあります。

私のよくある話をしましょう。

 

私は「うまく喋りたい!喋るのが下手と思われたくない!」と思っているので

「こんなことを話そう!」って頭の中でシミュレーションすることが、よくあるんです。

 

で、実際にシミュレーションどおりに話すけど…

実際の会話って、相手のツッコミとか、質問とか入ってくるわけなんですよ。

本来、普通の会話だとそれに答えたりするわけです。

しかし私は、「シミュレーション通りに進めないと!」と思っていました。

 

イレギュラーに、頭が真っ白になりかけたんですね。

けど、そういったのも「はっ、はぁ…」ぐらいの返事で、自分の話を続けたんです。

ぶっちゃけ、横やりが入って困惑していました。

「美しい話の流れだったのに、恥かかされた!」と思ったぐらいです(汗)

 

だから、シミュレーションどおりに無理に話を続けようとしちゃって。

そうなっちゃうと、聞く側は「あれ?」と思うわけですよね。

こうなっちゃうと…コミュニケーションとは言いづらいかもしれません。

 

こういうふうに、変にシミュレーションの台本を作ると…

「シミュレーションどおり、最後まできっちり丁寧と話さないといけない」

みたいな、変な縛りが発生します。

台本通りに行かなかったら困惑します。アドリブができないんです。

 

そう、自分の話す順番を決めてるのに

途中でそれを崩されることがあったら…

うまく対処できないんです。

 

だから会話って、台本ではなく、

臨機応変な対応が必要になってくるんですね。

話し側だとしても、質問などの聞く力が必要になってきます。

ちゃんと聞いていないと、質問にも答えられません。

 

どれが正解、というものはありません。

つまり、ゴールはありません。

一生、聞く力を磨き続けるものです。

 

今回の話のまとめ

長くなったので、最後にまとめましょう。

 

・相手は「あなたの話を聞きます」という安心感がほしい
・コミュニケーションで大事なのは「聞く力」
・コミュニケーションに「話すのが下手」はあまり関係ない
・相手はうまい話し方をしてくれるより、話を聞いてくれない方が嫌聞く
・力は一生磨き続けるもの。ゴールはない

 

「話を聞くことが重要」と言ったことを、

普段、無意識でも出来るようになるまで、意識的に頭に叩き込む必要があります。

 

暇つぶしに見てやんよ!な優しいあなたへ

オリキャラの世界を作りました。
(重い)愛♥がいっぱいあふれてます。

人生の暇つぶし程度に遊んでいってね!
描き手が喜びます!!

自分との戦い
中二病デ何カ悪イ!?
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました