完璧主義は身を滅ぼす!自分の本音、ペースを掴んで続けることが1番の上達方法

いやまじで、絵に限らずだけど…

完璧主義って、度を超えてしまうと…

まじで自分を苦しめるよねって話をします。

(どれぐらいが自分の首を絞めるのか?理解できないから、またやっかい)

 

イラストを超丁寧に描いてみた

今までよりもうまく描けることができた。

まあ完璧主義なんで、点数をつけてみると70か80あたりの点数だけど…

けどこの数字私にとってかなり高いんだよ。

 

だって私の今までの最高得点って

50点行けばいいほうだったから。

 

強すぎるプレッシャーは毒になる

というのも、最近少し考え方が変わってきたような気がする。

向上心が高くて完璧を求めるのは、とてもいいことなんだけれども…

その考えが強すぎると、とても辛い事になるって事にやっと気付き始めた。

 

「そのままで満足したら絶対に後悔する!」とか…

とにかく強迫観念が強いんだけれども…

 

その思いが強すぎると描くことをやめてしまう。

 

正直、それが一番悪いことなんだよ。

ゲームオーバー。

リトライのボタンすら押せなくなってる。

これが一番悪いことだってやっと気づけたんだよ。

 

メンタル弱いとすぐに諦める

気づけたけど、すぐに元に戻ろうとするから本当に厄介。

一瞬でも気を許せば、あっという間にその方向に行っちゃうからね。

 

だから適度なガス抜きって絶対に必要なことだったんだよ。

私はそれすら許せなかったんだ。

 

一秒すら時間が惜しい!

1秒あれが絵が描ける!

 

っていうか、描け!!

 

ってことを常に思い続けていた。

 

そのプレッシャーに私、押しつぶされていたんだと。

プレッシャーが強くなって、描くのを止めていたんですよ。

うまく描けないと怒られる!

描かないと怒られる!

そんな思いで絵を今まで描いてきた気がする。

 

そりゃ上手くならないわ!

だって楽しくないから!!

 

恐怖で人は成長するのか?

進撃の巨人でリヴァイ兵長が、

「躾に一番効くのは痛みだと思う」

とか言うけどさぁ…確かに場合によっては効果抜群。

進撃の巨人は、1秒後には死ぬ可能性が高い世界なので、スパルタは効果的だと思う。

 

しかし、現代だとトラウマになると思う。

 

もちろん、それでうまくいく人ならそれがベスト。

世の中、罵られて嬉しい性癖の人もいるわけだし。

 

けど…もちろんそれが合わない人もいるわけだよ。

っていうか、ほとんどの人間そうじゃね?と思うんだがどうなんだろう?

 

スパルタで成長した人は、仮に教える立場になったら、同じようなことで教えそうな気がするんだよね。

「自分は苦労したんだ、だからお前も同じ苦しみを味わえ!」的な。

虐待されて育った子供が親になり、「自分の子供にはしまい!」と思いながらしてしまうやつ。

職場のお局さんの新人イビリとかも、これな気がする。

 

あれって、潜在的な自分の痛み(スパルタ教育)を癒やしきれていなかったので、

表に出てしまってるんじゃないかな?って思う。

だから、そうやってスパルタで成長した人って…傷だらけな気がするんだよね…。

技術や知識を得ても、人間としての何かを失ってしまったみたいな。

 

それよりも、

「楽しくて仕方がない!」

と自然と動ける人には絶対にかなわないと思う。

 

心が変わると行動が変わる

今は超丁寧に描いたほうが良い。

とわかると、とにかく死ぬほど丁寧に描いてる。

下描きだけでも1時間かかったんじゃないか?ってぐらいにきれいに描く。

 

今まで下描きは超適当だった。2~3分だったかな?

けどさ…下描きが適当でもうまく描ける人って…

超ベテランの域に入った人だけなんだよ。

 

下手くそのくせに、適当に描くから完成が適当になっちゃう。

バランスの悪い絵になっちゃう。

そして絶望する。

 

なんてくだらない絵を量産してしまったんだ!って。

 

その結果「もう描きたくない!」って思っちゃう。

でもやっぱりうまくなりたいから、また適当な下描きで適当に仕上げる。

「とにかく1枚でも早く描いて、うまくならねば!」と焦って適当な絵が量産される。

下手過ぎて絶望する。

 

何て負のスパイラル(笑)

 

私は今まで、これを何年も何十年もしてきた。

そりゃ上手くならないわなって。

 

上手い人を見ても焦るな

でも、やり方が分からなかったんだよ。

仕方がないの。

 

「漫画家さんはすごい速さで絵を描いてるんだから、私も早く描かないと!」

って、なぜかプロと比較してたの。

それすら気付かなかった。

 

今の私に必要なことは…

とにかく丁寧に絵を描くってことだったんだよ。

 

本当に下描きだけでも1時間かけてもいいぐらい。

大げさじゃなく、マジで。

それぐらいしないと上手にならないんだよ。

 

効率重視の私にはそれは苦行でしかなかった。

でも、それが実は一番の近道だったんだよ。

 

比べるのは過去の自分

そして超絶丁寧に描いた絵を絶対に否定しない。

どんだけ下手くそでも否定しない。

 

まず、頑張って丁寧に描いた!

ということに対して評価を与える!

ぶっちゃけ評価ってのも「くだらない!」と思ってもいいんだけどね。

 

だってね、評価って誰かと比べるものだから。

もちろん上手い人を見て、「もっと上手になりたい!!」って思いは大事。

けど…比較することで「自分はダメだな…」って思うのなら…

 

評価って無駄でしかない

 

だって、それで描くの諦めちゃうじゃん。

「自分レベルのやつが頑張って無駄だ…」とかさ。

 

下手したら、自分よりうまくない人のコミュニティとかに行って、

「俺、うめぇぇぇぇぇ、みんな下手過ぎてワロタwww」

とかクソな性格で落ち着いてしまったりする。

 

それって、あなたが求めてること?

 

そういう意味なら、評価っていらなくね?

最近、本当にそう思う。

少し前の私にこの事を言ったら、ブチ切れると思うけど。

(なぜ評価は不要なんだよ?向上心が消えるじゃないか!って思ってたから)

 

とにかく、否定はしない方がいい。

まず、今までよりも上手く描けてすごく喜ぶんです。

 

それでも上手い人と比べちゃう

けど、他の人の上手い絵を見てみると…

なんて上手すぎるんだ!

それに比べて私の絵は…なんてくだらないことに喜んでたんだろう

って、すごく自分がしてきたことに対して否定するんです。

 

その結果、もう二度と絵なんて描きたくない!と思っちゃう。

諦めたくないので描き続けるけど…

そんなことを繰り返しては、絵を描かない期間が増えていくと…

描き方も忘れてきちゃう。

 

こんなことを何度も繰り返してきて。

だから上達も遅い理由で。

というか、むしろ下手になってるような気もして。

 

そんなことを繰り返していたので、

「成長できずに、同じことを繰り返す自分はダメだ…」

と、自分の価値観まで下がってきちゃって。

 

もうめちゃくちゃだった。

 

鞭ばかりだと成長も早いのか?

なので、否定はしてはいけなかったんですよ。

した方が成長すると思ってたんです。

「今のままで納得するな!」ってはっぱをかけようと思って。

 

でも結果がこれなんだよ。

私には合ってなかったんだよ。

(というか、それは上手くなった人がもっと上を目指す考え方だよね)

 

そのことを受け止めないといけない。

「自分らしいやり方を探す」ってきっとこういうことなんだと。

 

結局、最後は自分にあった方法が必要

誰に聞いてもわからない。

だって色々な方法試したけど、ダメだったもん。なんか違和感がすごいの。

本当に自分がしっくりと来る練習方法を探すのが…

絵の上達も一番の近道。

 

少し前の私に言っても意味が分からなかったと思う。

そういう意味では、成長できたのかもしれない。

地獄を味わってたけど…

 

けど、その地獄を味わわないと今にたどり着けないんだろうなって今なら思う。

本当にもう二度と味わいたくないけど…

けど、こんなことまだ何度も乗り越えなきゃいけないんだろうなって思う。

 

絵に限らず、生きるのって辛いね…。

その試練に耐えられるメンタルを鍛えることが、人生では大事なんじゃないだろうか?

と、本当にそう思う。

 

とにかく、完璧主義は身を滅ぼします。

自分らしい完璧主義を見つけていこう。

 

暇つぶしに見てやんよ!な優しいあなたへ

オリキャラの世界を作りました。
(重い)愛♥がいっぱいあふれてます。

人生の暇つぶし程度に遊んでいってね!
描き手が喜びます!!

気づいたこと
中二病デ何カ悪イ!?
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました