自分いじめは止めなさいな

アミッド
アミッド

何してるの?どうしたの?

どっか怪我でもしてるの?

ルイ
ルイ

ここが…痛いです…

アミッド
アミッド

心臓?

ルイ
ルイ

なんか苦しくて…悲しくて…怖くて…

よくわからない…

アミッド
アミッド

どうして泣いてるの?

ルイ
ルイ

ははうえに嫌われているから…

アミッド
アミッド

嫌われてる…?

ルイ
ルイ

私のこと、ははうえは嫌いなの。

ははうえは私のことが邪魔なの…

大っ嫌いなの…

アミッド
アミッド

どうしてお母さんは

あなたのことが嫌いなの?

ルイ
ルイ

私が悪い子だから…

アミッド
アミッド

悪い子?

ルイ
ルイ

私が……ハーフだから。

みんなに嫌われちゃうから。

ははうえも私が嫌いになっちゃったの…

ははうえ、私のこと大嫌いになってしまったの…

昔は優しくしてくれたけど、今は…大嫌いなの

 

きらわれちゃったの。

悲しい…。苦しいよ…。

ゲイル
ゲイル

こんなクソガキからさっさと離れた方がいいよ

イライラするだけだから。

アミッド
アミッド

ちょっと、何してんのよ!!

ゲイル
ゲイル

頭踏みつけてる。

アミッド
アミッド

そんなこと聞いてんじゃないわよ!

いいから早く、その足どけなさいよ!!

ゲイル
ゲイル

こいつをどうしようが、オレの勝手だろ?

それより、早くこんなところ出ていきなよ?

ストレスしか溜まらないよ、こんなところ。

アミッド
アミッド

やめろっつってんだろ!!

ゲイル
ゲイル

…なんでそんなに怒るの?

ああ、そうか。

アミ姉は正義感を振りかざしたいんだよね?

アミッド
アミッド

…はっ?

ゲイル
ゲイル

そうやって「誰かを助ける」っていう

優越感に浸りたいんだよね?

 

だってそうでしょ?

何のメリットもないのに、

人を助けるなんてことするわけない。

 

自分が正義のヒーローになれる

っていう優越感があるから、

人は人を助けるんだろう?

アミッド
アミッド

…お前ふざけるなよ

ゲイル
ゲイル

ははっ…

怒るってことは図星ってことじゃないの?

それがアミ姉の本音なんだよ!

アミッド
アミッド

お前…

いい加減にしろよ!

 

本音とか、そんなんじゃなく……本音?

そうね、これが本音かもね。

っていうか本音だわ!

 

あんたを助けたいのは、

あんたを支配したからってことかもね!

ゲイル
ゲイル

ははっ…開き直っちゃったよ!

アミッド
アミッド

結局人間なんて、メリットが無いと動かないしね!

あんたは美形だし、強いし、謙虚だし…

そんなあんたに恩を売っておくのも悪いことじゃないわ!

ゲイル
ゲイル

ははっ…そうだったんだ

アミッド
アミッド

それより早くあんたも本能をぶちまけて、

そいつの頭踏み潰しちゃえば?

 

私の事なんて放っといてさ、

さっさと踏み潰しちゃいなさいよ!

 

そいつのこと、

ぶっころしたいほど憎いんでしょう?

さ、ほら!どうぞ!

あたしを止めないわ!

ゲイル
ゲイル

…なに言って

こいつを…助けたいんじゃないの?

優越感のためにさ!!

アミッド
アミッド

何それ?

ゲイル
ゲイル

は?

アミッド
アミッド

いやさ、

なんか止めて欲しそうな気がしたから。

ゲイル
ゲイル

なに言って…

アミッド
アミッド

だって本当に憎かったら

さっさと頭を潰せばいい話なのに。

なかなか踏み潰さないからさ。

 

本当は踏み潰したくないのが本音じゃないかなってね?

あんたの口から本音、聞かせてよ?

ゲイル
ゲイル

こいつをぶっころしたい。

…これが本音に決まってるだろう?

アミッド
アミッド

本当かしら?

何度も言うけれども、

さっさとぶっころしたいのなら…

 

もうこの話している時点で、

すでに小さい頃のあんたの頭は…

ぺちゃんこのミンチになってるはずだと

思うんだけれども?

アミッド
アミッド

それとも何かしら?

止めて欲しいのかしら?

 

なんだかんだ言いながらも本心では、

メリットの為に動いてると思いながらも…

 

「オレのために止めてくれるんじゃないか?」

 

って期待してるんじゃないのかしら?

ゲイル
ゲイル

馬鹿なこと言うな!!

アミッド
アミッド

ふーん、否定するの?

現実に踏み潰さないことが

「これが本音です」

って結果を示しているじゃない。

 

あんたは助けてほしいのよ。

小さなかわいそうな自分をね。

あんたがわからないのなら…あたしが教えてあげるわ!

 

あんたは愛情が欲しいのよ!!

ゲイル
ゲイル

…!!

なにいって…

アミッド
アミッド

ヘンドリックさんを好きなことが繋がってくるわ!

あんたに無条件の愛情を与えてくれる。

だからあんたは、ヘンドリックさんが好きなのよ。

 

あんたが母親から得られなかった愛情を、

ヘンドリックさんで埋めているのよ!

ゲイル
ゲイル

ちっ、ちが…

アミッド
アミッド

でもどこか壁も作っている。

それは離れられるのが怖いからじゃないの?

1度愛してくれた母親が、憎まれた経験からね。

ゲイル
ゲイル

……

アミッド
アミッド

…過去は変えられない。

けど、今は変えられる。

だから、ちょっとは今の自分を大事にしてあげてよ…

 

あんたが傷つくところ見るの

あたしだって辛いんだから…

ゲイル
ゲイル

そんなの…無理だよ…

今更、自分をいじめまくっていて…

オレにも顔向けできないよ…

アミッド
アミッド

今から始めればいいのよ。

何度でも失敗してもいいわよ。

あんたは、あんたとずっと付き合っていく必要があるんだから。

仲良くしときなさい。ね?

ルイ
ルイ

……

ゲイル
ゲイル

………ご、ごめん

ルイ
ルイ

……(たたた…)

ゲイル
ゲイル

あ…

アミッド
アミッド

どっか行っちゃったわね。

まぁ、最初から上手く行かないわ。

いじめなかっただけ、だいぶ進歩よ。

アミッド
アミッド

あたしも付き合ったげるから。

ゆっくり自分と向き合いなさいな

たまに愚痴ってもいいわよ?聞いてあげるわ。

ゲイル
ゲイル

……アミ姉、

なんでオレなんかに優しいの?

アミッド
アミッド

「オレなんか」

なんて言わないであげてよね。

ゲイル
ゲイル

…ダメなの?

アミッド
アミッド

自分をいじめちゃってるわよ。

そういうところ、突っ込んだげるから

覚悟しなさい~?

ゲイル
ゲイル

…はい

アミッド
アミッド

んふふ、素直でよろしい!

(理由ははぐらかせられたわね。

とりあえず良かったわ…)

 

その他の小話

 

暇つぶしに見てやんよ!な優しいあなたへ

オリキャラの世界を作りました。
(重い)愛♥がいっぱいあふれてます。

人生の暇つぶし程度に遊んでいってね!
描き手が喜びます!!

小話
中二病デ何カ悪イ!?
トップへ戻る
タイトルとURLをコピーしました